• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4189
  • 公開日時 : 2018/10/01 18:25
  • 印刷

「ぷらら光電話」と「ぷららフォンforフレッツ」の違いはなんですか?

カテゴリー : 

回答

ぷらら光電話と、ぷららフォンforフレッツの主な違いは以下をご覧ください。
 
  ぷらら光電話 ぷららフォンforフレッツ
利用方法 NTT東日本・NTT西日本の固定電話/ひかり電話でお使いの電話番号や電話機が利用可能
NTT東日本・NTT西日本の「ひかり電話」から転用も可能
詳細はこちら
専用の電話番号(050-XXXX-XXXX)を取得して利用
必要な回線 ぷらら光 ぷらら光、ドコモ光、フレッツ光、フレッツ・ADSL
必要な機器 ぷららがレンタルで提供する「ぷらら光電話ルーター」が必要 ぷららが認定するIP電話対応機器が必要
詳細はこちら
月額料金 ぷらら光電話ベーシック
(安くてシンプルなプラン)
500円
(税込540円)
月額料金は0円
※ NTT東日本・NTT西日本へお支払のIP電話対応機器のレンタル料やフレッツ光およびフレッツ・ADSLの月額費用、また、ユニバーサルサービス料等が別途必要
ぷらら光電話プラス
(6つの付加サービスと、無料通話がついたおトクなプラン)
1,500円
(税込1,620円)
通話料 加入電話、ひかり電話(ぷらら光電話を含む)への通話 3分8.64円(税込)
詳細はこちら
日本全国どこでも3分8.64円(税込)
提携プロバイダが提供する050IP電話サービスへかける場合は、いつでも通話料が無料
詳細はこちら
 
 
<ご利用例>
 
Q,IP電話の番号は引越ししても変えずに利用したい
⇒ぷららフォンforフレッツは専用の電話番号を取得する必要がありますが、
必要な回線があれば引越しの際に番号変更はございませんので、同じ番号を使い続けて頂くことができます。
 
Q,色々な機能を付けたい
⇒ぷらら光電話プラスでは便利な6つの付加サービスがパッケージになってご利用いただけます。詳しくはこちら

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お手数ですが、回答が必要な場合はお問い合わせフォームから投稿お願い致します。