• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3903
  • 公開日時 : 2018/05/11 18:45
  • 更新日時 : 2018/05/11 19:32
  • 印刷

IPv6 DNS自動設定解除手順

カテゴリー : 

回答

ルーター(ホームゲートウェイ)の設定変更

1.ルーター設定画面にアクセスする

ブラウザ(InternetExplorerなど)のアドレスバーに「192.168.1.1」と入力し、「Enter」キーを押下します。

file_image

2.ルーターのユーザー名/パスワードを入力する

ユーザー名の初期値は「user」ですので、変更されていない場合は半角小文字で「user」とご入力ください。
パスワードはNTTルーターを初めて設定する際、ご自身で決めていただいたものとなります。

入力が終わりましたら「OK」をクリックします。

file_image

※入力を間違えてもロックがかかることはありませんので、
 お心当たりのパスワードがあればご入力をお試しください。
※ご不明な場合は「user」「admin」「0000」など、一般的なものをお試しいただき、
 ログインできない場合は回線事業者(ぷらら光はぷらら、ドコモ光はドコモ、
 フレッツ光はNTT)へお問い合わせください。

3.接続先設定(IPv6PPPoE)画面を開く

画面が開いたら左メニューの「接続先設定(IPv6PPPoE)」をクリックします。
左メニューに表示されていない場合は、「基本設定」の左にある「+」をクリックすると表示されます。

file_image

4.接続先詳細設定(IPv6PPPoE)画面を開く

「移動先の情報」にある「IPv6セッション」をクリックします。

file_image

5.IPv6 DNSサーバアドレスの自動設定を解除する

「IPv6 DNSサーバアドレス」にある「自動設定機能」のチェックを外します。
プライマリDNS(手動設定)と、セカンダリDNS(手動設定)を入力します。

file_image

プライマリDNS(手動設定) 2400:7800:0:3001::1:1
(または 2400:7800:0:3001:0:0:1:1)
セカンダリDNS(手動設定) 2400:7800:0:3001::2:1
(または 2400:7800:0:3001:0:0:2:1)
6.設定を保存する

「IPv6 DNSサーバアドレス」にある「自動設定機能」のチェックが外れていることを再度確認し、「設定」ボタンをクリックします。

file_image

7.設定完了

「正常に処理が完了しました。」と表示されたら「OK」をクリックします。
「接続先設定(IPv6 PPPoE)」画面に戻れば設定完了です。

file_image

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お手数ですが、回答が必要な場合はお問い合わせフォームから投稿お願い致します。